中部森林学会

研究発表会

第10回 中部森林学会大会

中部森林研究への投稿については,このページを下にスクロールしてご覧ください。

開催終了のご報告

第10回中部森林学会大会が初のオンライン学会として開催されました。コロナ感染拡大の影響で大会の約2週間前に急遽オンラインへの切り替えとなりましたが、皆さまのご協力により大きな混乱もなく、無事終えることができました。157名の参加者があり「造林、立地、保護、林政、経営、防災、利用、環境保全」の8部門において78件の発表が行われました。オンライン学会が再び開催されるかわかりませんが、改善点などは次回以降に引き継ぎたいと思います。
尚、オンラインでの開催のため、懇親会と現地見学会は実施されませんでした

令和2年12月6日(日) オンライン開催(静岡大学)

大会プログラム・発表要旨集 (PDF) 

第10回中部森林学会学生発表奨励賞

今年度も学生発表奨励賞を設立しました。以下の学生の皆さんが栄誉に輝きました。おめでとうございます。
部門群 氏名(所属) 発表題目
造林系 藤岡薫子
(東京大学院新領域)
「強度間伐後の林冠再閉鎖が下層植生の構造と機能に及ぼす影響(2)クロモジの樹形形成過程の復元」
造林系 林 亮臣
(京都府立大学大学院生命環境科学研究科)
「強度間伐後の林冠再閉鎖が下層植生の構造と機能に及ぼす影響(3)下層植生のNPPに対する寄与」
造林系 中村優介
(名古屋大学農学部)
「雌雄異株低木クロモジの資源配分パターンにおける性差」
経営系 林 悠介
(信州大学大学院総合理工学研究科)
「ディープラーニングを用いた針葉樹の単木樹冠および樹種同時推定」
立地系 田村 梓
(信州大学大学院総合理工学研究科)
「カラマツ林のシュートと細根のフェノロジー観測:シュートと細根の色の変化はいつ起きるのか?」


「中部森林研究」への投稿

・「中部森林研究」への投稿を締め切りました(2020年12月25日)

・「中部森林研究」は,今大会ではデジタル論文集となります。それにともない別刷りの作成を廃止し,1件あたり5000円の掲載料が必要となります。ご了承をお願いいたします。

・紙媒体の論文集が必要な場合は,オンデマンド印刷にて対応いたします(価格・申込方法等は後日お知らせいたします)。 詳細はこちらをご覧ください(2020年8月19日 中部森林学会事務局からのお知らせ)

投稿に関する問い合わせ先:中部森林学会事務局
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町
  名古屋大学大学院生命農学研究科
  E-mail: chubufor@chubu-shinrin.jp